相続判例一覧

NO IMAGE

最判平成11年7月19日

真正共同相続人の相続権を侵害している共同相続人が他に共同相続人がいることを知っていたかどうか及び本来の持分を超える部分についてもその者に相続...

NO IMAGE

最判平成7年12月5日

共同相続人のうちの一人である甲が、他に共同相続人がいること、ひいては相続財産のうち甲の本来の持分を超える部分が他の共同相続人の持分に属するも...

NO IMAGE

最判昭和54年7月10日

旧民法下の遺産相続における共同相続人のうちの一人が相続財産のうち自己の本来の相続持分をこえる部分について他の共同相続人の相続権を否定し、その...

NO IMAGE

最判昭和39年2月27日

しかし、旧民法九六六条、九九三条(民法八八四条)の相続回復請求権の二〇年の時効は、相続権侵害の事実の有無に拘らず相続開始の時より進行すると解...

NO IMAGE

最判昭和23年11月6日

本件係争の家督相続が開始したのは被上告人の先々代Aの死亡の日たる明治三十六年五月二十日であるから右相続に関しては改正民法附則第二十五条第一項...