特別縁故者の可能性がある者に遺言無効確認訴訟の原告適格があるか【最判平成6年10月13日】

事案の概要

  1. 被上告人石井政明、同石井智子(以下「被上告人政明ら」という。)の本件訴えは、亡大山半四郎の昭和六〇年八月一四日付けの自筆証書遣言(以下「本件遺言」という。)が意思能力を欠いた状態で作成されたものであるとして、本件遺言に受遺者と記載された上告人らに対し、その無効確認を求めるものである
  2. 被上告人政明は半四郎のいとこ(四親等の血族)、被上告人智子は被上告人政明の妻であり、半四郎には相続人のあることが明らかでない
  3. 被上告人政明らは民法九五八条の三第一項所定の特別縁故者に当たる可能性がある

争点

  1. 特別縁故者の可能性がある者に遺言無効確認訴訟の原告適格があるか

判旨

特別縁故者の可能性がある者に遺言無効確認訴訟の原告適格があるかについて

 本件遺言が無効である場合に、被上告人政明らが民法九五八条の三第一項所定の特別縁故者として相続財産の分与を受ける可能性があるとしても、右の特別縁故者として相続財産の分与を受ける権利は、家庭裁判所における審判によって形成される権利にすぎず、被上告人政明らは、右の審判前に相続財産に対し私法上の権利を有するものではなく、本件遺言の無効確認を求める法律上の利益を有するとはいえないからである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする