相続放棄に錯誤の適用があるか【最判昭和40年5月27日】

事案の概要

  1. 被上告人早河としをを除くその余の被上告人らの本件相続放棄に関する錯誤は単なる縁由に関するものにすぎなかつた

争点

  1. 相続放棄に錯誤の適用があるか

判旨

相続放棄に錯誤の適用があるかについて

 相続放棄は家庭裁判所がその申述を受理することによりその効力を生ずるものであるが、その性質は私法上の財産法上の法律行為であるから、これにつき民法九五条の規定の適用があることは当然であり(昭和二七年(オ)七四三号・同三〇年九月三〇日第二小法廷判決・裁判集民事一九号七三一頁参照)、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする