遺産分割協議に錯誤があるか【最判平成5年12月16日】

事案の概要

  1. 原判決別紙不動産目録記載の土地(以下「本件土地」という。)は、池田芳馬の所有であった。
  2. 芳馬は、昭和五八年二月一日付け自筆証書によって、本件土地の北一五〇坪を上告人英明の所有地とし、南一八六坪を被上告人及び上告人文明の折半とする旨の遺言(以下「芳馬遺言」という。)をした。
  3. 芳馬は、昭和五八年四月一日死亡し、その法定相続人は、妻である池田作幸枝、長男である被上告人、二男である上告人博明、三男である上告人英明及び四男である上告人文明である。
  4. 右芳馬の相続人らは、昭和五八年八月一四日、芳馬遺言が存在することを知らずに、本件土地を作幸枝が単独で相続する旨の遺産分割協議(以下「本件遺産分割協議」という。)をした。上告人ら及び被上告人は、各自が法定の相続分を有することを前提に、芳馬から生前本件土地をもらったと信じ込んでいる作幸枝の意思を尊重するとともに、作幸枝の単独所有にしても近い将来自分たちが相続することになるとの見通しから、作幸枝に本件土地を単独で相続させる旨の本件遺産分割協議をした。
  5. 作幸枝は、昭和五八年八月二七日付け公正証書によって、財産全部を被上告人に相続させる旨の遺言(以下「作幸枝遺言」という。)をした。
  6. 本件土地につき、本件遺産分割協議に基づき、作幸枝を所有名義人とする昭和五八年九月二六日受付所有権移転登記がされた。
  7. 作幸枝は、昭和五九年一月七日死亡し、その法定相続人は、上告人ら及び被上告人である。
  8. 本件土地につき、作幸枝遺言に基づき、被上告人を所有名義人とする昭和五九年二月二一日受付所有権移転登記がされた。
  9. 上告人博明は、昭和五九年一一月ころ、芳馬遺言の遺言書を発見した。上告人らは、同じころ、作幸枝遺言の内容を知り、同六〇年二月七日、被上告人に対し遺留分減殺請求をした。

争点

  1. 遺産分割協議に錯誤があるか

判旨

遺産分割協議に錯誤があるかについて

芳馬遺言は、本件土地につきおおよその面積と位置を示して三分割した上、それぞれを被上告人、上告人英明及び同文明の三名に相続させる趣旨のものであり、本件土地についての分割の方法をかなり明瞭に定めているということができるから、上告人英明及び同文明は、芳馬遺言の存在を知っていれば、特段の事情のない限り、本件土地を作幸枝が単独で相続する旨の本件遺産分割協議の意思表示をしなかった蓋然性が極めて高いものというべきである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする