最判平成4年4月10日

相続人は、遺産の分割までの間は、相続開始時に存した金銭を相続財産として保管している他の相続人に対して、自己の相続分に相当する金銭の支払を求めることはできないと解するのが相当である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする