最判平成元年7月18日

本件遺骨は慣習に従つて祭祀を主宰すべき者である被上告人に帰属したものとした原審の判断は、正当として是認することができ、その過程に所論の違法はない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする